受付時間 9:00~21:00 / 予約制(不定休・日祝対応)

ホエイ?ソイ?カゼイン?プロテインってどれを選べばいいの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

身体作り、ダイエット、健康維持にも欠かせないプロテイン。

最近よく「プロテインって飲んだ方がいいんですか?」や「プロテインを飲みたいけどどれを選んだらいいか分からない」などご質問を頂きます。

日本製・外国製を含めると数多くのメーカーからプロテインが販売されています。

そりゃどれを飲んだらいいか迷いますよね。

これからプロテインを飲もうと考えている方に向けて参考になればと思います。

プロテインとは?

人間の身体の多くはたんぱく質と水分から成り立っています。筋肉はもちろん骨や皮膚・内臓・髪の毛・爪など身体の多くにたんぱく質が使われています。またあまり知られていませんが、ホルモンや血液(ヘモグロビン)などにもたんぱく質は存在しています。

いわゆる身体の原料というわけですね。

そのタンパク質を英語で「プロテイン」というのです。

肉、魚、卵、大豆製品、乳製品などにもたんぱく質は含まれていますので、普段の食事からも摂取していますが、近年では一般の方においても必要とされている量を摂れていないのが現状です。

プロテインはどれぐらい摂取すればいいの?

1日に必要なたんぱく質はアスリートや一般の方とでは変わってきます。

一般の方であれば「体重✖︎1g」(例:60kgの場合は60g)が目安とされています。

トレーニングをして身体を大きくしたい方やボディメイクに励んでいる方であれば「体重✖︎2g」必要になってきます。

日々の食事からこれだけのたんぱく質を摂取しようと思うと余分な脂質やカロリーを取ることになってしまうので、ここで効率的にたんぱく質を摂取するためにプロテインの出番ということですね。

ホエイ?ソイ?カゼイン?

そして疑問になるのが、どのプロテインを摂取したらいいのかということです。

プロテインには大きく分けて3種類存在します。

  • ホエイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • カゼインプロテイン

ホエイプロテイン

牛乳が原料の動物性のたんぱく質です。低カロリーで栄養が凝縮しており、アミノ酸も含んでいるのでいるのでトレーニング後の筋肉修復効果期待できます。ホエイプロテインは水溶性で体内への吸収速度が速く、強い肉体作りを手に入れたい方にオススメです。運動直後のたんぱく質が不足しがちなときに飲むには一番ホエイプロテインが向いていると思います。

ソイプロテイン

大豆が原料の植物性のたんぱく質です。たんぱく質の比率を高め水分や糖質、脂肪を減らし、植物性のたんぱく質を効果的に摂取できるようになっています。

消化吸収速度がゆっくりのため満腹感が持続しやすく、ダイエットや健康維持をしたい方にオススメです。大豆に含まれるイソフラボンの効果で、皮膚や骨の強化、血流改善にも効果が期待されます。

またイソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、肌の張りを保つ効果や女性らしい体のラインをキープしたい方にもオススメです。

カゼインプロテイン

ホエイプロテインと同じく牛乳が原料となります。ホエイプロテインが水溶性で吸収が速いのに対し、カゼインプロテインは不溶性で固まりやすく吸収が穏やかであるという特徴があります。

ダイエット時の間食や運動をしない日のたんぱく質補給、就寝前などに摂取するのがオススメです。

 

3種類のプロテインを簡単にご紹介しましたが忘れてはいけないのが、あくまでもプロテインは足りない分を補うために摂取するということです。

日々の食生活の中にうまく取り入れることでトレーニングやダイエット効果がより効率的になるようにしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です